国家資格の介護福祉士とは?

国家資格の介護福祉士

福祉系3大資格の1つとされる介護福祉士は社会福祉及び介護福祉士法によって認められている身体介護や生活援助などといった社会福祉の仕事に携わる人に与えられた国家資格です。
ケアワーカーという名称で呼ばれることもあり、国家試験に通った人だけが介護福祉士を名乗ることができます。

 

↓↓↓たのまな 介護福祉士の公式サイトはこちら↓↓↓

たのまな 介護福祉士

たのまな 介護福祉士

 

あなたにピッタリな介護福祉士講座が見つかる。
たのまな 介護福祉士なら通信講座で介護福祉士の資格が取れる。
詳しくは無料資料請求をお申し込みください。

 

 

↑↑↑無料資料請求はこちら↑↑↑

 

求められる介護福祉士とは?

国家資格の介護福祉士の定義としては専門知識と技術によって身体上あるいは精神上の障害により日常生活を送ることが困難な方の各々の状況によって介護を実施し、さらに介護該当者および介護者への指導をすることです。
主な仕事先は病院、高齢者施設やデイケアなどの社会福祉施設ですが、コ・メディカル分野において専門職と呼ばれる医師や歯科医師の指示に従い業務を遂行する看護師などと連携しながら業務を遂行します。
介護福祉士になるためには構成労働大臣指定の養成学校を終了し、登録名簿に載るか、介護事務経験を1095日以上積み上げなおかつ実働日数を540日以上とし、介護福祉士国家試験を受験して合格する、あるいは高校または中学校で福祉関連の諸提供科目および単位を修了し、介護福祉士国家試験に合格することが必要です。
ただし社会福祉施設の生活支援員や児童指導員、心理指導担当職員をはじめ、社会福祉施設や病院などの医師や看護師、理学療法士などの機能訓練担当職員、介護支援専門員や法人の代表者などが該当施設で働いていても実務経験として数えられることはありません。

 

現在所定の学校を卒業すれば国家試験を受ける必要はありませんが、2022年度以降は介護福祉士の国家資格・国家試験受験を完全義務化する方向で固まっていますが、現在すでに国家試験を受験することが義務付けられているような状態です。
なお国家資格である介護福祉士の試験に落ちたとしても5年間は暫定的に資格が授与されますので、その後国家試験に合格あるいは5年間の実務経験を積む必要があります。

 

現場で求められる介護福祉士像は身体介護に相談と助言、そして生活支援の3つの領域を取りまとめる介護職員のリーダー的資質です。
介護に携わるヘルパーを指導育成するだけではなく、介護計画の作成にも携わります。
働く場所は多岐に渡り、介護の専門的な知識と技術力を備えた上級食としてのキャリアアップも可能な職業です。
今後ますます増える高齢者を支える存在として介護福祉士はなくてはならない存在といえるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ